不動産・土地売買・中古マンション・アパート・賃貸の綜合都市建設:松戸市・流山市

中古マンション 購入,中古マンション 相場,中古マンション リフォーム,土地価格 相場,土地価格 公示価格,土地価格 路線価,土地価格 下落,不動産 土地 価格,土地価格情報,土地探し コツ,土地探し ポイント,注文住宅 土地探し,マイホーム 土地探し,ハウスメーカー 土地探し,土地探し 方法,太陽光発電,農地,ソーラーシェアリング,太陽光,分譲田太陽光,土地付太陽光発電,太陽光買取価格,太陽光ローン,ソーラーローン


太陽光発電はリスクが少なく、収益が見込める投資です。

事業開始から20年間、固定価格で発電した電気を売却できる『固定価格買取り制度』が
平成24年7月よりスタートしました。
工場屋根や遊休地等を活用して、新たな安定収益事業として、大きな注目を集めています。

太陽光発電の売電事業は過去の気象データ、売却価格・売却期間が決まっているため、
事前に収支シュミレーションが出しやすい事業です。

あらゆる事業環境の先行き不透明感が強いなか、20年に渡り収益が保証されている事業はなかなかありません。
そのため、異業種からの参入が相次いでいます。

一方で送電線の容量の問題で、特定の地域内で全量買い取りできる電力には限りがあります。
また、1kwあたり42年・20年という売電条件は次年度毎に下がっていく見込みのため、早く始めた方が有利になります。


投資商品比較とリスクについて

投資商品比較表
大手銀行の定期預金個人向け国債株式投資Jリート太陽光分譲ファンド
利回り0.05%程度0.64%(変動10年物)4%〜5%想定利回り4%〜5%
(想定利回り)
換金方法満期後の解約満期後の解約市場取引市場取引営業者が参考価格にて買い取ります
特徴金利は低いが固定金利。元本保証リスクはあまり無いがリターンがまだまだ充分とはいえないまさにハイリスクハイリターン商品であり、市場環境によって大きく元本割れする可能性あり高配当が期待できるが金融市場の環境により、大きく元本割れする可能性あり預貯金や国債と比べて高配当が期待できる魅力的な商品であり、低リスク

↑このページの上に戻る

どっちがお得!?20年後までをシュミレーション

太陽光発電投資VSマンション投資

太陽光発電に投資しよう!
300万円分の投資 / 銀行借入  0円
投資開始マンション投資をしよう!
マンションワンルーム2000万円 購入
銀行借入 1700万円
収入
太陽光発電投資回収額 510万円
20年間純収入合計  510万円
(費用※1控除後)
支出
銀行返済        0円
20年後収入
賃料(20年間)※2  1860万円
マンション売却(20年目)800万円
20年間純収入合計  2660万円
支出
銀行返済       2312万円
(元利均等返済+売却時借入残代金)※3
20年間最終収入合計  510万円
自己資金       300万円
資金増加額      210万円
IRR利回り      5.69%
利回り20年間最終収入合計  348万円
自己資金       300万円
資金増加額       48万円
IRR利回り       1.24%
平均分配率8.5%想定
NEDOデータを元に1KW当たり1022KWhで想定
パネル劣化率5年目以降1%ずつ低下と想定
20年間空室なし。
月額賃料を1〜10年目8万円、1
1年目以降7.5万円と想定。
購入時、売却時の仲介手数料も考慮なし。
賃料は、一般管理費5000円、修繕積立5000円、
固定資産税5000円、業者管理委託費5000円を
差し引いて算出。

※1:管理費、固定資産税、10年後のPCSの交換費用、災害保険、雑費、法人税すべて含む
※2:11年目以降は建物の劣化に伴い賃料5000円安。
※3:銀行返済条件:金利2.5%元利均等払

↑このページの上に戻る

太陽光発電投資は安心


太陽光発電不動産
借り入れ負担を負うことがない。
日射量にぶれは少なく、安定した収益が見込める。
元本は10年以内で回収できる
20年間負債を負いながらのリスクあり。
空室リスクが絶えず付きまとう。
元本の償還にう関しては20年後の売却時に一括


↑このページの上に戻る

太陽光発電と不動産への投資の比較



太陽光発電投資不動産投資
収入利回り・IPR:6%
・表面利回り:12〜13%
・IPR:ー
・表面利回り:ー
安定性確実な売電収入不安定な家賃収入
インフレリスクインフレ時は実質収益は目減りするインフレ時は家賃も上げることが一定程度可能
期間・20年間の売電収入
・設置寿命が25〜30年程度(見込み)
・メンテナンスを行えば20年以上の収入
・建物寿命は40年以上
費用営業費・法律で電力会社に買い取り義務
・発電設備なので顧客ニーズなし
・入居者の募集費用が必要
・顧客ニーズに合わせた物件
建設費・総費用に占める割合は比較的大きい・総費用に占める建設費用は比較的小さい
運営費総費用に占める修繕費は比較的小さい総費用に占める修繕費は比較的大きい
資本金多くの金融機関が低金利のローンを展開(2.5%以下が多い)事業用の不動産ローンは3〜6%程度の金利
立地・条件の良い送電線に近い土地が必要
・多くは郊外であり土地候補が多い
・入居が見込める立地が必要
・多くは市街地であり土地候補が少ない
流動性流動性が低く買い手が見つかりにくい流動性が高く買い手が見つかりやすい


投資で有利な発電力は?

発電力 10〜50KWが有利
1.余分なコストが不要。
2.投資額もコンパクトで取組みやすい。
3.融資も受け易い。
4.税金優遇も受け易い。
5.20年間の一定額買取り保証がある。
6.農地転用も簡単に出来る。

電力会社との連系コストの境目は50KW
50KW(200V)の場合、流れる電流は200Aです。
しかし250A以上の場合は電線が太くなり取扱いも難しく「高圧連系」となりコストアップになります。

キユービクル(高圧受電設備)が不要。
電気主任技術者や保安規定が不要。
低圧連系は高圧に比べ費用が安い。
電力会社との協議が比較的に簡単。
広大な土地が不要。(50KWなら約200坪)
100KW程の発電所を計画の場合、2区画に分割し低圧連系が可能。

このように、投資を考えた場合に有利な発電力があるのです。

太陽光発電についての




中庭住宅 ユニバーサルホーム  都市住宅のアーバン・コンシャス  NPO法人 住まいる学園  不動産・土地売買・中古マンション・アパート 綜合都市建設  保育士 派遣登録・求人 チェリッシュパートナー
提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所