不動産・土地売買・中古マンション・アパート・賃貸の綜合都市建設:松戸市・流山市

中古マンション 購入,中古マンション 相場,中古マンション リフォーム,土地価格 相場,土地価格 公示価格,土地価格 路線価,土地価格 下落,不動産 土地 価格,土地価格情報,土地探し コツ,土地探し ポイント,注文住宅 土地探し,マイホーム 土地探し,ハウスメーカー 土地探し,土地探し 方法,太陽光発電,農地,ソーラーシェアリング,太陽光,分譲田太陽光,土地付太陽光発電,太陽光買取価格,太陽光ローン,ソーラーローン

太陽光発電のメリット


メリット1.太陽光発電による安定収入


FIT 固定価格買取り制度がスタート(平成24年7月1日 法案成立)
このことにより、20年間にわたり契約時の買取り価格が保証されます。

これまでの買取り価格について(契約の時期別)
平成24年7月1日〜25年3月31日 42円/KW(税込)
平成25年4月1日〜26年3月31日37.8円/KW(税込)
平成26年4月1日〜 未定(次年度にて決定)
*買取り価格は年々下がると予想されます。

売電収入例(税込み)
太陽光パネル容量 30KW
年間発電量予想  33,000KWh
売電価格     37.8/KWの場合
年間約1,247,400円の収入


↑このページの上に戻る

メリット2.税金対策として活用(グリーン投資減税)

太陽光発電の導入で大きな節税効果が可能です。
「グリーン投資減税」とは、高効率な省エネ、低炭素設備や再生可能エネルギー設備への投資を支援するための
青色申告書を提出する法人又個人を対象とした制度です。

a)グリーン投資減税の対象になるには?
平成28年3月31日までに設置取得のこと。
「設置認定」を受けた設備であること。
取得日より1年以内に売電開始すること。

b)申請から売電開始までの期間
10KW3〜4ケ月
11KW 〜49KW5〜8ケ月
50KW 〜10ケ月〜

 グリーン投資減税の概要
NO減税
制度
対象減税効果設備
取得期限
売電
開始期限
7%
税額
控除
青色申告を
提出する
中小企業者等
売電開始年度に設備取得価格(土地代は含まない)
の7% 相当額の税額控除を受けられる。
ただし、該当事業年度の法人税の20%を越える場合は、
20%相当額を控除限度とする。
20%限度で全額控除できなかった場合は翌事業年度に
のみ繰り越すことができる。
平成28年
3月31日
設備取得から
1年以内
30%
特別
償却
青色申告を
提出する
法人または
個人
売電開始年度に設備取得価格の30%相当額を
限度として特別償却することができる。
該当年度は課税対象額が減るが、2年目以降の
減価償却費も少なくなる。
平成28年
3月31日
設備取得から
1年以内
100%
特別
償却
青色申告を
提出する
中小企業者等
売電開始年度に設備取得価格の全額を特別償却
することができる。
平成27年
3月31日
設備取得から
1年以内


↑このページの上に戻る

メリット3.工場立地法改正による環境施設


いままで環境施設として認められなかった太陽光発電施設が認められるようになります。

屋上に設置した太陽光発電施設の設置面積相当分が環境施設面積に参入できることにより、
工場の新設、増設時に敷地の有効活用が可能となり広く使用できるようになります。


メリット4.太陽光パネルによる遮熱効果及び紫外線劣化対策


a ) 断熱効果

屋上に設置した太陽光パネルが屋根表面の直射日光を遮断し、室内の温度を緩和することができます。
太陽光パネルと折板屋根との間の空気層が折板屋根の温度上昇を防ぎます。
屋根環境により一般的に10〜30℃下がります。

屋根折板における断熱効果

屋根表面温度野地板裏面 パネル無野地板裏面 パネル有温度差
70℃ 49.3℃38.1℃−10.9℃
−5℃ 8.1℃18.3℃  5.2℃

資料 (株)暮らし科学研究所



b)紫外線対策の効果

コンクリート造の建物の寿命はおよそ60年。
しかし紫外線の影響により屋上の防水シートが劣化し雨漏りを防ぐために約25年毎に防水の改修工事が必要となります。
最上階が4LDK 4戸の場合、約400万円の工事費が必要です。
3回メンテナンス工事を繰返すことになりその費用は合計1000万円を超えます。

しかし、屋上の陸屋根に「太陽光パネルや屋上緑化ポット(またはUVカットシート)」を全面的に平置き設置すれば大きな日陰を作り紫外線を遮ることで防水シートの寿命は大幅に長持ちします。
さらに売電収入で太陽光発電等の設備費を回収し、将来にわたり高額な防水改修費の負担を防ぐ事が可能となります。

資料 田島ルーフイング(株)


↑このページの上に戻る

メリット5.環境貢献 CSR(企業の社会的責任)

環境貢献 CSR(企業の社会的責任)とは...

企業が事業活動に於いて利益を優先するだけでなく、顧客、株主、従業員、取引先、地域社会など様々なステークホルダーとの関係を重視しながら果たす社会的責任。
環境、社会貢献、コンプライアンス ガバナンスなど。

例)100KWシステムの太陽光発電を設置すれば火力発電に比べて70,400KgのCO2排出を削減する。


資料 東芝


↑このページの上に戻る

メリット6.太陽光発電と農業の共生で収入アップ ソーラーシェアリング



平成25年3月31日付農水省の「農地転用に関する指針」にそって太陽光発電を導入すれば、
誰もが農地で「作物と電力」の生産が可能となりました。

これまでは農地転用の手続きには高い壁がありました。
ところが、農作物の栽培を継続すれば、特別に難しい事は無くなりました。

資料 ソーラーシェアリング坪井

名付けて「ソーラーシェアリング」
農地で電気が生まれ、売電収入で農家の収入増にもつながる、画期的な新しいシステムです。




資料 ECO HOLODINGS Co.,Ltd
画像をクリックすると拡大表示されます。

ビニールハウスにおける温室栽培の高額な重油代。
しかし太陽光発電の電気エネルギーによる温風暖房に変更すれば不要となり、CO2の削減にも大きな貢献ができます。


ソーラーシェアリングとは
CHO技術研究所の長島彬氏の考案に依るものです。畑などの耕作地に地上から3mの位置に藤棚のように単管をパイプにて架台を組み作物の成長に必要な光が入る隙間をあけながら太陽光パネルを設置したものです。畑に日影が生じても「光飽和点」により作物にとつて一定量以上の光は必要とせず、光合成に不都合はなく作物の成長に支障ありません。光飽和点は作物により異なります。たとえばミヨウガなら最大日射量の20%、レタスやトマトは・・・。
長島氏に関する参考URL:長島氏ホームページ
光飽和点に関する参考URL:50kW太陽光発電ムラ拡大作戦本部

ソーラーシェアリングでは下部の畑で「作物を栽培」しながら、上部の太陽光パネルにて「電気を栽培」します。発電量10KW以上の電気は法律(FIT)によって、あらかじめ定められた価格にて20年間に渡り「全量買い取り制度」を活用できるシステムです。ただし買い取り価格は設備認定の時期により毎年下がるものと予想されます。
全量買い取り制度に関する参考URL:経済産業省 資源エネルギー庁 なっとく!再生可能エネルギー 固定価格買取制度

ソーラーシェアリングを活用することでこれまでの農家収入に加えさらに太陽光発電により反あたり(300坪)、毎年約200万円もの売電収入を得ることも可能となりました。
このことにより「農家収入の向上」、「後継者不足の解消」、「食料自給率の向上」、「再生エネルギーの普及による脱原発依存」、さらに「TPPに備えての体質強化」という一石三鳥四鳥の画期的なシステムです。


農地に太陽光発電50KWシステムを設置した場合
1.20年間の毎年の売電収入
確定売電価格年間予想発電量発電効率合計
37.8円/KWH55,000KWH 90%187万円


2.21年目から30年目までの毎年の売電収入
確定売電価格年間予想発電量発電効率合計
24.0円/KWH55,000KWH 90%118万円


30年間の売電収入の合計
1.187万円×20年3,740万円
2.118万円×10年1,180万円
合計4,920万円

※平成26年3月末日までに設備認定(経産省)及び特定契約(電力会社)を受けた場合は、売電価格は37.8円/KWHで20年間売電できることが法律で定められています。21年目以降の売電価格は予想価格となります。
※予想発電量は、太陽光モジュール、方位、角度、設置場所等により異なります。
※パワーコンディショナ―のメンテナス費用等の経費が必要となります。
※資金借り入れの場合は弊社にて手続き代行致します。


農水省指針の概要とは
1.太陽光パネル下の農地に必要な日照量を確保できる設計であること。
2.支柱の高さおよび間隔に置いて農業用機械が効率的に動ける空間であること。
3.周辺の農地に支障のないこと。
4.当該農地での作物が2割以上減少しないこと。
5.支柱は簡単な構造で撤去が容易なこと。
6.一時転用は3年間とし更新を可能とする。
農水省指針参考URL:支柱を立てて営農を継続する太陽光発電設備等についての農地転用許可制度上の取扱いについて

農業ハウス 電気の栽培で暖房燃料費が激減
10年前のガソリン高騰からビニールハウスで使う重油の値段も三倍以上。
円安が続けば輸入物価はさらに値上がりします。

「生産コストが上がっても売値を上げられない」、となれば、方法は一つ。

すなわちコストの削減。無尽蔵のエネルギーしかもいくら使っても0円の太陽光の活用です。平成25年3月の農水省の指針にもとづき「ソーラーシェアリング方式」にてハウス栽培と太陽光発電を同時におこなう。

ビニールハウスでは冬季の夜間は重油暖房機を稼働させることが多い。
太陽光発電を導入したハウスでは昼間発電(栽培)した電力を高値(38円)で売電し、夜間は安値の深夜電力(12円)を買って電気式暖房を運用することで暖房コストを大幅に削減し、さらに大きな売電益も確保できます。
電気式暖房に関する参考URL:千葉県ホームページ 施設栽培におけるヒートポンプの利用について
暖房コストに関する参考URL:関西電力 ヒートポンプシステムを活用したエコ園芸農業への取り組み

ビニールハウスに 太陽光の設置で
1.冬季夜間は電気式温風機で「電気代が実質無料」の温室栽培が実現。
2.冬季以外は売電にて、法律による20年の安定収入を確保。
3.値上がりの激しい化石燃料に頼らない無料自然エネルギーの活用。

太陽光発電についての




中庭住宅 ユニバーサルホーム  都市住宅のアーバン・コンシャス  NPO法人 住まいる学園  不動産・土地売買・中古マンション・アパート 綜合都市建設  保育士 派遣登録・求人 チェリッシュパートナー
提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所